スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

はじめましてのご挨拶

はじめまして、ようこそお越しくださいました。
こちら【浮草草子】では、私・沖川の日常のことや好きな物事について語りつつ、
小説も発表いたしております。
ささやかなものですが、お楽しみいただけましたら幸いです。


なお、弊ブログの文責、著作権は全て作者である沖川英子にあります。
無断での転載はお断りいたします。
ご指摘、ご質問、その他ご連絡事項がございましたら、
メールフォーム、もしくはメール e.okikawa☆gmail.com までご連絡ください。
(お手数ですが、☆マークを@に変えて下さい)
よろしくお願いいたします。


また、弊ブログはリンクフリーとなっております。
基本的にご連絡は不要ですが、お知らせいただければブログ・HPにお邪魔させていただきます!



以下、小説のインデックスとなります。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
.24 2020 はじめに comment0 trackback0

夜靴

 時々、どうにも気分が晴れない夜がある。
 誰かに何かを言われたとか、嫌なことを見聞きしたとか、昔の苦い思い出が不意に甦った
とか、そんな事がきっかけで、手先がしびれる程の悲しみが襲う。
 はたまた、これといった理由も無いのに、急に自分が恐ろしい程ちっぽけな存在に思えて
ならず、自分なんぞ周りの人々と比べれば月とすっぽん、いや、月と亀の子だわし、鹿の糞、
いやいやそれ以下だと、まるで足元をせっせと掘るかのように一人でどんどん沈み込んでいく。
 重い影がどっかと肩にのしかかる。
 体も心も、鉛のよう。そのまま、ずぶずぶと床にめり込み、立ち上がることさえ億劫になる。
 自然と涙が頬を伝う。


 そんな時、私はその靴を履き、夜を旅することにする。
web拍手 by FC2
.12 2015 『ぐるり雑記』 comment0 trackback0

命の色

5月に入って、辺りの色が変わった。
木々が新たにまとう柔らかな葉の、燃え立つように輝く緑色。
あまりに透きとおり混り気がないゆえに、すっきりとしていながら、
どこか寂しさを感じさせる空の青。
山吹、つつじ、藤といった花々の、弾ける様な、あるいは凛と佇むような黄色、紅、紫。
どこに目を転じても眩しい。鮮やかな色が、あちらこちらで踊っている。

命が爆発している。
木々が、花々が、もしかしたら水や空気までもが、
自らの命の力を全身にみなぎらせ、溢れさせている。
web拍手 by FC2
.11 2015 雑記 comment0 trackback0

『海を行く』 目次

しきたりにしたがい、故郷の島を出た十五歳のヤリ。
果てなく広がる海へ漕ぎ出した彼の行く先にあるものは。
そして、彼の向かう先は。


・旅立ちの日
(2014.7.21 更新)
web拍手 by FC2
.21 2014 『海を行く』 comment0 trackback0

旅立ちの日

 その島では、男は誰でも十五歳を過ぎると一度は故郷を離れなければいけなかった。移動手段や食料を自らの手で用意し、海を渡る術を身に着け、旅立たねばならないのだ。旅立ちから一年経てば戻ってきても構わないし、行った先が気に入ればそこで暮らしても構わなかったが、いずれにせよ、とにかく一度は島を出るというのが大昔からの決まりだった。
 ヤリも当然、このしきたりに従い旅立つことになった。
 カヌーは十五になる前から作り始めてすでに完成していたし、水代わりになるヤシの実も、干し魚も用意した。星々や海流から方角を読む術にはまだ少し不安が残るが、村の古老たちにお墨付きをもらったのだから、きっと大丈夫だろう。
 ヤリの中にはほんのわずか、慣れ親しんだ地を離れる不安が淡い雲のように棚引いていたが、それ以上に、広大な海を越え未だ知らぬ場所へ行くのだという喜びが真昼の太陽のごとく光り輝いていた。
web拍手 by FC2
.21 2014 『海を行く』 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

沖川 英子

Author:沖川 英子
本、音楽、猫、車、酒が主成分。
あと一人旅も好きです。
「遠くに行きたい」が口癖。

弊ブログはリンクフリーとなっております。
また、コメント欄以外でご連絡頂く場合は、
下記メールフォームまでお願いいたします。

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。